スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おっほっほー

元気だ~( ^ω^)

ちらほらと新パックやらエディションの情報が出てきたようですね。

VE01-JP004「起爆獣ヴァルカノン」星6 地 機械族・融合 2300/1600
機械族モンスター+炎族モンスター
このカードが融合召喚に成功した時、相手フィールド上に存在するモンスター1体を選択して発動する事ができる。選択した相手モンスターとこのカードを破壊して墓地へ送る。その後、墓地へ送られた相手モンスターの攻撃力分のダメージを相手ライフに与える。

アツい・・・アツすぎる・・・!!!

アドバンテージを失わずに出せばいいんでしょ!

こいつの効果が出た時は思わずほっこり(*´∀`*)

怨念ライダーに新エースになるやもしれません・・・


SD19-JP0XX「竜の渓谷」フィールド魔法
1ターンに1度、自分のメインフェイズ時に手札を1枚捨てる事で以下の効果から1つを選択して発動する事ができる。
●自分のデッキからレベル4以下の「ドラグニティ」と名のついたモンスター1体を手札に加える。
●自分のデッキからドラゴン族モンスター1体を墓地へ送る。

レダメやドラグニティを使っている方には朗報ですねー

いろいろ騒がれてますが、これはこれで面白いのでありなんじゃないかな~と。。

ブラックスピアとか結構使うしね(`・ω・´)

ただ今後厄介になるだろうな~と思うのはレダメとレーヴァテインのループに近い耐性かな・・・

レダメはレーヴァテインを蘇生し、レーヴァテインはレダメを蘇生する。

高打点な上、竜の渓谷の登場のおかげで両方を墓地へ揃えるのは比較的容易かと。


STBL-JP025「スクラップ・サーチャー」星1 地 鳥獣族 100/300
このカードが墓地に存在し、自分フィールド上に存在する「スクラップ・サーチャー」以外の「スクラップ」と名のついたモンスターが破壊され墓地へ送られた時、このカードを墓地から特殊召喚する事ができる。このカードが特殊召喚に成功した時、「スクラップ」と名のついたモンスター以外の自分フィールド上に表側表示で存在するモンスターを全て破壊する。

新しいスクラップですね。
自身による蘇生効果、そして鳥獣族、Lvは1と・・・

素晴らしいですね。願ってもない効果ですw

墓地に複数存在する場合に同時発動できるのかは裁定待ちですが・・・。

ダイレクトを防ぐ壁にもなり、蘇生後のゴッドバードでの奇襲など・・・

スタロの採用率が高いのは怖いですがw


STBL-JP044「スクラップ・ツイン・ドラゴン」星9 地 ドラゴン族・シンクロ 3000/2200
「スクラップ」と名のついたチューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
1ターンに1度、自分フィールド上に存在するカード1枚と、相手フィールド上に存在するカード2枚を選択して発動する事ができる。選択した自分のカードを破壊し、選択した相手のカード2枚を手札に戻す。このカードが相手によって破壊され墓地へ送られた時、シンクロモンスター以外の自分の墓地に存在する「スクラップ」と名のついたモンスター1体を選択して特殊召喚する。


STBL-JP024「スクラップ・ソルジャー」星5 地 戦士族・チューナー 2100/700
フィールド上に表側守備表示で存在するこのカードが攻撃対象に選択された場合、バトルフェイズ終了時にこのカードを破壊する。このカードが「スクラップ」と名のついたカードの効果によって破壊され墓地へ送られた場合、「スクラップ・ソルジャー」以外の自分の墓地に存在する「スクラップ」と名のついたモンスター1体を選択して手札に加える事ができる。このカードをシンクロ素材とする場合、「スクラップ」と名のついたモンスターのシンクロ召喚にしか使用できない。


新たなシンクロとチューナーです。

ツインドラゴンはチューナーに縛りがありますが・・・

キマイラ+ソルジャー

キマイラ+ビースト+サーチャー

ゴーレム+ビースト

など比較的容易に出すことができますね。

効果は1:2交換に近い感じですが、実質的なアドバンテージには繋がりにくいかもしれません。

トドメのラッシュや、シンクロ、融合モンスターをバウンスする際には有効だと思います。

そしてこのソルジャー・・・

戦士かつLv5チューナー 攻撃力2100

純粋スクラップでも無理なくエクィテスを採用できるようになってしまいましたねw

そしてキマイラでソルジャーを蘇生し3800ダメージというドン引き火力・・・

スクラップェ・・・


なんだかんだで使ってみたいカードは結構多いので次のパックも箱買いな気がします。


サーチャーの登場でスクラップウェーブは形が変わりそうです。。。

ボルトヘッジホッグが必要だったシンクロもサーチャーのおかげで大分小回りが利くようになったので、恐らくボルトヘッジホッグ、サイドラ、未来融合を抜くことになると思います。

フュージョニストのサーチ対象がミラクルシンクロフュージョンのみになってしまうので、ジャンクシンクロとフュージョニストも抜くことになるかな~と。

前回あんなにだらだらと書いていましたが、大幅に変わると思いますね・・・。

サーチャーが本当に革命だったんですよw

そして前回の構築には少し無理があったかもしれませんね・・・

ギミックを詰め込みすぎたせいで安定性が著しくなっていたので^^;

ダークエンドの部分は抜粋して闇次元とネクロガードナーとダークエンドを中心にした形のデッキも1つ作れればいいな~と思っております。


スクラップは一応雷神鬼と混合させた形にしようと思っています。

スクラップドラゴン、ツインドラゴンの破壊対象に雷神鬼を絡めることでアドバンテージを失わずに破壊行動を行うこと、永続罠等によるフィフティ・フィフティの要素を取り入れるというコンセプトですがどうなるやら・・・。

前よりは安定すると思いますが、デッキとしての面白みが欠けるかな~と・・・

完成するのはサーチャーが来てからになるのでサーチャー待ちかな!




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

コメントありがとうございます。

なるべく、がんばって更新していくので、これからもよろしくお願いします。
プロフィール

シルフィー

Author:シルフィー
↓所持デッキ↓
ZeroEND
雲魔物
怨念ライダー
スクラップウェーブ
etc....
アドバンテージを常に心がけ、その場面に応じた適切なプレイングができるように日々精進したいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。